休耕田を利用した複合養殖技術の開発

休耕田を利用した複合養殖技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要目的:休耕田での養殖生産を安定させるため、フナ、ホンモロコ、ドジョウの養殖マニュアルを作成し、リスクの少ない複合養殖モデルを示す。
、成果:どじょう発眼卵を自然産卵(粗放的産卵)によって得ることが可能になった。
、(2)フナ単独養殖区とフナとドジョウの複合養殖区の比較試験では、フナ単独区のが餌料効率や歩留まりは良好となった
研究分担生産開発部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178355
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat