温暖化がもたらす時間的な隠れ家の増大によるカイガラムシのエスケープの検証

温暖化がもたらす時間的な隠れ家の増大によるカイガラムシのエスケープの検証

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ−
課題種別試験研究課題
研究期間H22〜25
年度2011
概要研究内容:カイガラムシ被害はムシの北上の速さに対して天敵寄生蜂の生育地が追いつかない可能性がある。これを時間的隠れ家として捉え、森林を空間的な棲家として、3者の相互関係の解明と数理モデルを構築する。
、研究成果:カイガラムシが寄生する立木の表面面積は、樹高と高い相関関係にあり、カイガラムシの寄生数は樹高と高い相関関係があることから、立木の樹高を測定するとカイガラムシの寄生数を推定できることが分かった。
研究分担森林環境部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178371
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat