空気膜ハウス・ヒートポンプを利用した花きの省エネルギー生産技術の開発

空気膜ハウス・ヒートポンプを利用した花きの省エネルギー生産技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間
、H21〜23
年度2011
概要目的:ヒートポンプによる夏季冷房技術や暖房コストを検討する。
、成果:空気膜ハウスを利用したキンギョソウやポットカーネーションなどの無加温栽培の可能性を示すとともに、バラの暖房時の変夜温管理による省エネルギー生産の実用性を示した。また、ヒートポンプを利用して暖房経費を20%以上削減できること、夜間冷房による所得増加が見込めることを明らかにした。夜間冷房については経費削減のため効率化を図る必要がある。
研究分担花き研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178459
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat