棚栽培用機能試験装置のほ場散布試験・防除効果試験

棚栽培用機能試験装置のほ場散布試験・防除効果試験

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間
、H20〜23
年度2011
概要目的:ナシ園において、ドリフトを低減する棚栽培用防除機について、ドリフト低減効果を確認するとともに、県参考防除例に沿った防除を行った場合の防除効果を、慣行防除機と比較する。
、成果:棚栽培用防除機においてドリフト低減率を高めた場合、薬液の付着性能は、慣行防除機と同等〜やや少なかったが、枝が込み合った位置では少なかった。年間をとおして県病害虫参考防除例に準じた防除を実施すると、主要病害虫である黒星病、アブラムシ類、ハダニ類、シンクイムシ類に対する防除効果は両防除機ともほぼ同等であった。なお、当該防除機は、24年度中に製品化される予定である。
研究分担病虫研究室
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178474
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat