新形質米の機能性成分保持および高度利用技術の研究

新形質米の機能性成分保持および高度利用技術の研究

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:付加価値の高い米づくりと食品製造を推進するため,新形質米について栽培・品質特性を解明するとともに,加工利用技術の確立を図る。 
、成果:(1)供試品種(紫黒米2品種,赤米3品種)は,穂数が少なく収量水準はコシヒカリ対比で約70〜80%。(2)紫黒米2品種の玄米皮色の発色は良く,赤米3品種のうちでは「夕やけもち」および「関東赤234号」の発色が良好。(3)吸水・発芽処理に伴う玄米の吸水パターンは品種によって異なり,発芽玄米に適した「発芽状態」を得るためには,「発芽の早さ」と「揃い」が重要。(4)低アミロース品種「シルキーパール」,「ミルキークイーン」,および高アミロース品種「夢十色」,「越のかおり」はいずれも本県における栽培適性はあると考えられる。 
研究分担作物,水田利用
予算区分特電
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178487
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat