火山灰水田土壌における有機物連用試験

火山灰水田土壌における有機物連用試験

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S42〜
年度2011
概要目的:火山灰水田において有機物の連用が水稲の生育・収量に及ぼす影響について明らかにする。 
、成果:有機物連用区は化学肥料区と比べて初期生育は茎数・草丈ともに同等,後半では茎数が増加し,成熟期における穂数も多かった。有機物連用区は化学肥料区と比べて増収し,ようりん施用区もやや増収した。また,有機物連用区では土壌の可給態窒素が増加した結果,水稲への窒素供給量が増え,玄米のタンパク含量が増加した。
研究分担環境・土壌 
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178510
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat