発生予察調査実施基準の既存改良事業

発生予察調査実施基準の既存改良事業

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要目的:本県の水稲栽培において特に問題となるクモヘリカメムシによる斑点米の発生を防止するため,クモヘリカメムシの集合フェロモンを用いた高精度で省力的な調査方法を確立する。 成果:(1)クモヘリカメムシのフェロモントラップを水田畦畔際に設置することで,越冬世代成虫虫を把握できることを明らかにした。(2)フェロモントラップによるアカスジカスミカメの成虫捕獲数の推移とすくい取り調査による水田内密度調査は類似し,すくい取り調査で発生を確認できない場合,フェロモントラップにより調査できる可能性があることがわかった。(3)乳熟期以降のすくい取り調査により,幼虫密度から2等以下に落等する確率が予測できることがわかった。
、 
研究分担病虫
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178521
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat