肉用牛の飼養管理技術の確立  、和牛子牛の制限哺乳が母牛受胎率及び子牛の発育に及ぼす影響

肉用牛の飼養管理技術の確立  、和牛子牛の制限哺乳が母牛受胎率及び子牛の発育に及ぼす影響

県名茨城県
研究機関名茨城県畜産センター肉用牛研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完21〜23
年度2011
概要 制限哺乳区において,体重,体高,D.Gが自然哺乳区よりも高く推移し,ばらつきもやや小さくなる傾向をしめした。これは,哺乳を制限する事で早い時期から人工乳を摂取するようになった為と考えられる。
、 制限哺乳により下痢の発生回数は少なくなった。また,管理頭数が多い時期に下痢の発生が多くなった。
、 初回人工授精までの日数が制限哺乳区で短縮される傾向にあり,繁殖成績改善への効果があることが示された。
研究分担飼養技術研究室
予算区分県単
業績(1)遊休農地のシバ型草地化実証試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178564
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat