ローズ改良普及試験

ローズ改良普及試験

県名茨城県
研究機関名茨城県畜産センター養豚研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S45〜
年度2011
概要目的:大ヨークシャー種系統豚「ローズW−2」を本県の銘柄豚肉である「ローズポーク」の基礎豚として、平成15年度より農家に供給してきた。長期間にわたり維持、増殖を進めてきた結果、血縁係数が上昇してきているので、種豚の更新を抑えながら斉一性のとれた肉豚生産と高品質豚肉生産を目指す。 
、結果及び成果:育成豚のうち雄15頭、雌2頭の合計17頭を8戸の農家に払下げた。繁殖成績では、25腹の分娩があり、育成率は91.9%であった。血縁係数は31.87、近交係数は12.01となった。昨年度比で血縁係数は0.91上昇、近交係数は0.39の上昇にとどまったのは、繁殖豚の更新を種雌豚2頭だけにしたことによる。今後は、繁殖豚の更新を抑えながら、維持増殖を進めると共に、開放型育種手法の開発及び確立を図り、斉一性のとれた肉豚生産と高品質豚肉生産を目指す。
研究分担育種研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178570
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat