IHN被害軽減対策

IHN被害軽減対策

県名群馬県
研究機関名群馬県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要
、目的:IHNは細菌性疾病と異なり薬剤による治療は不可能であることから、予防、防疫により発生を未然に防ぐことが重要とされている。そこで、その対策として市販の飼料添加物等の利用によるIHNの予防効果を検討する。

、成果:飼料添加剤として鶏卵抗体を選定し含有飼料を開発した。鶏卵抗体の飼料添加剤としての適正を把握するため、ニジマス稚魚を用いた飼料試験を行った結果、鶏卵抗体含有飼料の飼料効率は低かった。なお、ほぼ毎年IHNが発生している県内民間養鱒場のIHN発病サンプルを収集してウイルスを分離、保存した。
研究分担川場養魚センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178888
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat