「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」 、 

 「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」 、 

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2011
概要 ア 飼料用の稲麦二毛作体系を基軸とした持続的な飼料生産技術の開発
、(1)大規模コントラクタによる家畜ふん堆肥を有効活用した飼料用稲一麦二毛作栽培と収穫調製技術の開発と実証
、二毛作水田において、自給飼料の年間最大収量を得るため、飼料用イネおよび飼料用オオムギに関する栽培と収穫調製の試験を実施した。水田において、液肥を活用した飼料用イネ栽培および堆肥を活用した飼料用オオムギ栽培を行った結果、追肥の活用により同一水田で栽培したイネ、オオムギ併せて年間最大乾物収量3,000kg/10a以上の生産が可能であった。専用機を使ったダイレクト収穫体系でのオオムギホールクロップサイレージ(WCS)の保存性を検討した結果、調製から6カ月経過後もV-score評価は80点以上の「良」評価であった。また、オオムギWCSの収穫適期判断について簡易方法を検討したところ、止め葉を葉色カラースケール(水稲用)で測定し、色票No 6〜6.5の葉色になると水分量がダイレクト収穫調製適期となる判断方法を開発した。
研究分担資源循環係
予算区分(受託)
、農林水産省
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030178894
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat