米粉用多収イネの低コスト生産技術の開発

米粉用多収イネの低コスト生産技術の開発

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜H23
年度2011
概要近年、米の一層の消費拡大を図るため、米粉や飼料への利用が推進され、多収性でかつ病害虫抵抗性の品種を用いた低コスト生産技術の開発が求められている。そこで、「北陸193号」「夢あおば」「むさしこがね」等を対象に、生産コストを削減するための(1)側条施肥技術、(2)疎植栽培技術、(3)立毛感想技術を開発する。
研究分担水田農研/米・麦担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179000
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat