I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、1 水田における土地利用型作物の高品質・安定生産技術の確立 、2 経営形態に応じた水稲の低コスト生産技術の確立 、(2) 半導体発熱素子製加温シートにより育成した乳苗の栽培技術の確立

I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、1 水田における土地利用型作物の高品質・安定生産技術の確立 、2 経営形態に応じた水稲の低コスト生産技術の確立 、(2) 半導体発熱素子製加温シートにより育成した乳苗の栽培技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22-24
年度2011
概要 「コシヒカリ」では全量苗箱施肥にLPS100日タイプが2/3以上の割合で含まれ、栽植密度16.5株/m^2であれば、圃場への窒素投入量は全層施肥の約4割減になるが、全層施肥並みの収量及び玄米品質が得られた。圃場全層施肥条件では、「ふさおとめ」及び「ふさこがね」は「コシヒカリ」と同様に、稚苗と乳苗で同等の収量及び玄米品質が得られた。
研究分担水田作
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179065
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat