I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、4 露地野菜の高品質・高生産技術の確立 、1 露地野菜の安定生産技術の確立 、(4) コカブ周年栽培における減農薬技術の体系化

I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、4 露地野菜の高品質・高生産技術の確立 、1 露地野菜の安定生産技術の確立 、(4) コカブ周年栽培における減農薬技術の体系化

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21-23
年度2011
概要 現地圃場5か所で目合い0.4mmネットと割布の被覆資材の比較を行った結果、0.4mmネット被覆で虫害が減少した。ただし、キスジノミハムシの被害圃場が多く、土壌中の幼虫による影響と考えられた。太陽熱処理では、0.02mmポリフィルムは盛夏に被覆期間30日以上、ビニールは20日程度で雑草に高い防除効果が得られた。
、※東葛・香取農事
研究分担畑作
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179080
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat