I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、8 花植木の高品質・安定生産技術の確立 、 1 鉢花の安定生産技術の確立 、(1) シクラメンの早期出荷作型における栽培技術の確立

I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、8 花植木の高品質・安定生産技術の確立 、 1 鉢花の安定生産技術の確立 、(1) シクラメンの早期出荷作型における栽培技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21-24
年度2011
概要 夏場の葉数確保が難しいパステル系品種において、11月上旬より出荷可能な鉢花を生産するための前進化技術を開発する。本年度は、早期播種とベンジルアミノプリン液剤の複数回処理の効果を検討した。その結果、早期播種とベンジルアミノプリン複数回処理の組み合わせで「シューベルト」、「HY系シュトラウス」、「ピアス」の3品種で葉枚数増加に有効であることが明らかとなった。
研究分担花植木
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179102
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat