I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(2)農林水産物の安定供給を支える技術の開発 、9 高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立 、2 難防除病害虫の発生生態の解明と防除技術の開発 、(4) ビワを加害する果樹カメムシ類の早期発生予測モデルの開発

I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(2)農林水産物の安定供給を支える技術の開発 、9 高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立 、2 難防除病害虫の発生生態の解明と防除技術の開発 、(4) ビワを加害する果樹カメムシ類の早期発生予測モデルの開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22-24
年度2011
概要 チャバネアオカメムシ及びツヤアオカメムシの早期発生予測モデルを作成して検証した。本年の春〜夏の両種の誘殺数は非常に少なく、モデルによる予測結果とよく一致し、モデルの精度が高いことが検証された。また、次年度は両種ともに多発することが予測された。 
、※病害虫防除課、森林研
研究分担果樹環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179115
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat