II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(1)県民の暮らしを守る環境保全型農林水産技術の開発 、13 農業の環境負荷低減化技術の開発 、1 有機農業技術の調査及び解析 、(1) 有機栽培における施用有機物の肥料的効果の評価

II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(1)県民の暮らしを守る環境保全型農林水産技術の開発 、13 農業の環境負荷低減化技術の開発 、1 有機農業技術の調査及び解析 、(1) 有機栽培における施用有機物の肥料的効果の評価

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23-25
年度2011
概要 有機栽培において圃場に施用される有機物の肥料的効果を明らかにし、適切な施用量の決定に資することを目的として、県内有機野菜生産者2戸を対象に施用実態及び有機物の化学性、栽培圃場の化学性を調査した。調査対象とした有機物の原材料は植物質で、その化学性を分析した結果、土づくり的効果を有すると判断された。
、※安全農業推進課
研究分担土壌環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat