II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(3)良好な農業生産環境の維持管理技術の開発 、19 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策 、1 土壌有害物質のリスク管理対策 、(2) 資材施用による野菜及び畑作物のカドミウム吸収抑制対策の確立

II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(3)良好な農業生産環境の維持管理技術の開発 、19 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策 、1 土壌有害物質のリスク管理対策 、(2) 資材施用による野菜及び畑作物のカドミウム吸収抑制対策の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22-24
年度2011
概要 落花生では、苦土石灰あるいは消石灰の施用で、子実のカドミウム含量の低下は認められなかった。
、 ホウレンソウでは、pHが6.5を下回る土壌において、消石灰を600kg/10aと多量に全層施用することで、可食部のカドミウム含量が2割程度低下した。
研究分担土壌環境
予算区分国庫補助(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179188
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat