III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(3)森林・農地・水域など、地域資源の持つ多面的機能の評価と維持増進・活用技術の開発 、22 森林資源の保全及び森林の活用技術の開発 、1 防災林の管理技術の確立 、(1) 盛土を用いない経済的なクロマツ海岸防災林造成技術の確立

III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(3)森林・農地・水域など、地域資源の持つ多面的機能の評価と維持増進・活用技術の開発 、22 森林資源の保全及び森林の活用技術の開発 、1 防災林の管理技術の確立 、(1) 盛土を用いない経済的なクロマツ海岸防災林造成技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23-27
年度2011
概要 海岸砂丘地におけるクロマツ林造成可能地の判定及び有効土層の厚さ別の目標林型を明らかにする。白子町で調査した結果、クロマツの成長は有効土層が比較的薄いヨシ群落の分布地で著しく劣っていた。一方、ヨシ群落の周囲の有効土層45cm程度の箇所においては良好であった。
研究分担森林研
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179201
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat