IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、26 野菜の新品種育成と導入・選定 、2 共同育種による種子繁殖型イチゴ品種の開発と種苗供給体系の改革 、(4) 種子繁殖型品種による安定栽培体系の確立

IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、26 野菜の新品種育成と導入・選定 、2 共同育種による種子繁殖型イチゴ品種の開発と種苗供給体系の改革 、(4) 種子繁殖型品種による安定栽培体系の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21-24
年度2011
概要 促成栽培において種子繁殖型品種による育苗の省力化を図るために、セル成型苗を直接定植する栽培体系を確立する。本年度はこれまでに明らかにした条件で、実証栽培を行った。11月上旬から出蕾開始し、12月下旬から収穫開始した。収量は4月下旬まで調査を継続する。
、※ミヨシ、かずさDNA研、九沖農研、三重大、三重、香川、生物、野菜育種
研究分担野菜
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179230
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat