IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(2)新需要創出のための商品開発及び流通加工技術の開発 、33 力強い産地づくりに向けた農産物マーケティング・システムの構築 、1 農産物マーケティング・システムの構築 、(1) マーケティングリサーチ手法を用いた県育成品種の商品化方策の構築

IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(2)新需要創出のための商品開発及び流通加工技術の開発 、33 力強い産地づくりに向けた農産物マーケティング・システムの構築 、1 農産物マーケティング・システムの構築 、(1) マーケティングリサーチ手法を用いた県育成品種の商品化方策の構築

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21-23
年度2011
概要 マーケティングリサーチにより多様な消費者ニーズを把握し、得られたニーズの分析から新たに育成される品種(トマト)の商品化に向けた販売方策案を提示し、イチゴ等の新品種にも活用を始めた。また、県内の野菜産地等におけるマーケティング課題に、リサーチ手法の応用とその仕組みづくりに取り組み始めた。
、※野菜、野菜育種
研究分担流通経営
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179257
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat