「県産和牛ブランド化推進事業」における受精卵移植技術成績の分析

「県産和牛ブランド化推進事業」における受精卵移植技術成績の分析

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜H23
年度2011
概要県産和牛ブランド化推進事業開始当初から5年間の採胚、移植及び分娩成績の分析を行なったところ、供胚牛の年齢が11歳以上となると回収胚数、正常胚数が低下した。また、供胚牛の年齢が進むと、回収される胚の発育ステージが若くなる傾向がみられた。
研究分担乳牛肉牛研究室
予算区分県単
業績(1)黒毛和種供胚牛の年齢と発情後7日目回収胚の発育ステージの関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179297
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat