鉢花栽培における点滴灌水を用いた量的施肥技術の開発

鉢花栽培における点滴灌水を用いた量的施肥技術の開発

県名東京都
研究機関名公益財団法人東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜25
年度2011
概要 重油価格や資材価格の高騰を背景に,鉢花経営の所得率は低下しており,肥料費等を含む生産コスト低減が必須となっている。また,環境負荷の低減は,花卉園芸でも達すべき事項である。そこで,生産コストと環境負荷低減を実現のために,点滴灌水を用いた量的施肥技術を応用した鉢花の施肥低減技術を開発する。
、 (1)夏期の培地昇温抑制,ノズルつまり,土壌病害対策も含めたシステムの再構築。(2)高設イチゴ栽培容器を利用し,1ライン5槽連結の全3ラインでかけ流し方式の試作システムを作成した。本システムは5寸鉢サイズならば1ラインあたり最大30鉢の栽培が可能。
、(3)問題点であった点滴ノズル個々の吐出量差は、1鉢あたり複数本配置により改善された。
研究分担農林総合研究センター
、園芸技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179414
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat