受精卵移植技術を活用したトウキョウXの生産性向上

受精卵移植技術を活用したトウキョウXの生産性向上

県名東京都
研究機関名公益財団法人東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2011
概要トウキョウX受精卵の作出、保存、移植方法を確立し、受精卵産子を利用することで繁殖豚の近交係数を維持し、トウキョウXの安定生産・安定供給を支える。また、受精卵を遺伝資源として保存し、疾病蔓延時などの緊急時に対する遺伝子バンクとしての機能を確立する。
、 豚体外受精卵の作出は通常,と場で廃棄される卵巣卵子を用いるため生体卵回収と比較して安価で,労力に対し多くの受精卵が得られるメリットがある。豚体外受精卵は卵子と精子を混在(媒精)することにより生産するが,条件により受精卵生産効率が異なる。本実験では異なる媒精時間が,受精卵の生産性と品質に及ぼす影響を明らかにした。豚体外受精における適正な媒精時間を検討したところ,8〜10時間で27.5%〜28.1%の正常受精卵発生率が得られ,この範囲外では正常受精卵発生率は低下する。
研究分担農林総合研究センター
、畜産技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179448
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat