シカの生息域拡大過程ならびに捕獲シカの肥育条件の解明

シカの生息域拡大過程ならびに捕獲シカの肥育条件の解明

県名東京都
研究機関名公益財団法人東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2011
概要 平成16年、ニホンジカ (以下、シカと略す) の食害によって大規模な土砂流出が生じ、大きな社会問題となった。その後、緊急に各種シカ対策がとられ、高密度地域のシカは減少したが、生息域が拡大した。これらの地域では、密度増加が新たな問題になっている。この現象は、他県でも確認されているが、その過程は明らかにされていない。そこで、このメカニズムを解明することにより、生息域が拡大した地域の密度を抑制するための基礎とする。あわせて、捕獲したシカを林地で飼育する場合などの肥育方法を解明し、捕獲したシカの飼育コストの低減化を図る。
、 (1)シカの行動時間や移動範囲などの生態調査を行い,解析する。(2)シカの生息密度調査を行い,経年変化を把握する。(3)森林被害調査を行う。(4)開発した体重測定法を用い,脂肪酸カルシウム給与による体重減少抑制効果を明らかにする。
研究分担農林総合研究センター
、緑化森林科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179455
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat