17.地域内の肥料や飼料資源を有効に使用するための技術の確立 、(1)地域内肥料資源の適正施用技術の確立

17.地域内の肥料や飼料資源を有効に使用するための技術の確立 、(1)地域内肥料資源の適正施用技術の確立

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H23〜27
年度2011
概要目的:有機物由来の肥料成分を適切に評価することにより、有機物由来の窒素の有効化率を明らかにするともに、リン酸、カリ等の価格の上昇した肥料の代替性について検討し、地域内肥料資源の有効かつ適正な利用方法を確立する。
、計画:(1)有機物由来の肥料成分の評価 
、期待される効果:有機物由来の肥料成分の適切な評価法について検討するとともに、ペレット化等が有機物の肥効特性に及ぼす影響の解明を行い、地域内資源の有効かつ適正な利用方法の確立を図る。有機物由来の肥料成分や物理的改善効果を土壌診断及び施肥設計プログラムへ反映させ、より適切で効率的な施肥体系を確立する。
研究分担農業環境研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179610
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat