内水面外来魚管理等対策事業

内水面外来魚管理等対策事業

県名新潟県
研究機関名新潟県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継19〜23
年度2011
概要目的:在来魚が増殖可能な外来魚生息密度基準の解明と親魚捕獲除去と産卵床破壊を併用した場合の外来魚繁殖抑制効果の検証を行う。ため池等の水抜き駆除時における外来魚の簡易式流失防止技術を開発する。 成果:加治川水系内ノ倉ダムのおけるコクチバスの資源量を刺し網のCPUEの結果から推定するとともに、産卵床の破壊および電気ショッカーボードによる卵、仔稚魚の駆除効果を調査した。その結果、吸引装置を用いた吸い込み法、電気ショッカーボートおよび刺網の複数の手法を導入することにより、幅広い体サイズのコクチバスの駆除ができることが明らかになった。
研究分担資源課
予算区分受託(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179785
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat