広葉樹林化のための更新予測及び誘導技術の開発

広葉樹林化のための更新予測及び誘導技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H19-23
年度2011
概要目的:広葉樹林化を促進する手法の確立、人工林における広葉樹林化の施業モデルを開発する。その中で、誘導技術オプションとして、育苗や植栽法の改良等による誘導作業を担当する。

、成果等:ブナ苗木の根切り作業の効果とリスクを検証するとともに、庇陰処理による苗木成長抑制法を検討し、苗木生産システムを提案した。広葉樹林化のための抜き伐りを行ったスギ人工林について、伐採前と伐採後の毎木調査、全天空写真、低木及び下層植生の更新状況を調査した。

研究分担森林・林業技術課
予算区分受託
、(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179797
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat