ニューフェイスきのこ類の収集と栽培技術の確立

ニューフェイスきのこ類の収集と栽培技術の確立

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21-25
年度2011
概要目的:ニューフェイスきのことして有望な野生きのこを採取し、その中から食味等に優れ、栽培しやすい優良なきのこ種菌を選抜する。さらに、その栽培技術を確立し、きのこ生産者への普及を図る。

、成果等:H23年の収集菌株は、ウスヒラタケ2菌株、ヒラタケ4菌株、ムキタケ4菌株、ナメコ8菌株、ムラサキシメジ1菌株の計19菌株で、それぞれ分離保存した。昨年度及び今年度収集した野生ヒラタケの栽培試験結果から2系統を選抜した。またその交配菌株等について、栽培試験を行った。
、収量、品質で優れている種菌の開発と栽培マニュアルの作成
研究分担きのこ・特産課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179802
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat