水稲新品種育成試験

水稲新品種育成試験

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継T11〜
年度2011
概要 人工交配を変異源とする系統育種法により実施した。系統選抜は、熟期、収量、玄米外観品質、食味官能値を主な選抜形質として選抜を行い、昨年までの結果から有望と考えられた系統は、生産力検定および特性検定に供試した。生産力検定は、普通移植区(5月中旬)、早期移植区(4月下旬植え)、直播区(4月下旬播き)を設けた。葉いもち圃場抵抗性、穂いもち抵抗性、障害型耐冷性、穂発芽耐性、高温登熟性、低温土中出芽性については、人工的にストレス条件を作り出し、特性を調査した。
、 試験の結果、「富山赤78号」(コシヒカリの遺伝背景をもち、玄米色が赤色でふせん色をもつ)を有望系統として選抜した。また、極早生で玄米外観品質および食味が優れる系統「富山79号」およびコシヒカリの遺伝的背景をもち玄米外観品質が極めて優れる系統「富山80号」を育成した。
、 「密陽23号」に由来する、米糠に含まれる機能性ビタミンE(トコトリエノール)を高生産する遺伝子を導入することで、多収トコトリエノール高生産イネとトコトリエノール高生産のコシヒカリについてそれぞれの有望系統を選抜した。
研究分担育種課
、農業バイオセンター
予算区分県単
業績(1)Characterization of Pi13, a blast resistance gene that maps to chromosome 6 in indica rice (Oryza sativa L. variety, Kasalath)
(2)赤米米ぬかの健康機能性評価
(3)「コシヒカリ」を遺伝背景とした良食味の有色素米品種「富山赤71号」、「富山赤78号」および「富山黒75号」の育成について
(4)トコトリエノール高生産イネの育成
(5)育苗方法の違いが短葉性ネギの生育及び収量に及ぼす影響
(6)大ヨークシャー種の閉鎖群育種過程におけるエストロゲン受容体遺伝子の調査
(7)凍結解凍処理による豆乳中7S・11Sグロブリンの簡易分画技術

(8)豆乳の製造方法とそれを利用した食品
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat