肥効調節を核としたチューリップ土壌菌媒介性ウイルス病害の発病抑制技術の開発

肥効調節を核としたチューリップ土壌菌媒介性ウイルス病害の発病抑制技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H23〜H25
年度2011
概要 肥効調節を核としたチューリップ土壌菌媒介性ウイルス病害の発病抑制技術を開発する。今年度は、肥料成分(フミンホスカ、バルブクイーン等)が土壌中の媒介菌数及びチューリップ根に寄生する媒介菌数に与える影響を調査する。植付け一ヶ月後のチューリップの根に寄生した媒介菌数は、慣行(フミンホスカ)と比較して無施用、バルブクイーン施用、フロンサイド粉剤処理により減少した。また、土壌中の媒介菌数を定量したところ、肥料による差は認められなかった。基肥の窒素量によってウイルス感染率が異なることも分かっており、基肥窒素は媒介菌の感染に関与していると示唆された。
研究分担花き課
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179845
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat