水稲育苗ハウスを利用したブドウボックス栽培技術の確立

水稲育苗ハウスを利用したブドウボックス栽培技術の確立

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2011
概要 水稲育苗ハウスを利用したブドウボックス栽培における高品質果実生産技術を開発する。
、 ボックス容量は、60Lが適量であり、品種「藤稔」を供試しての追肥量(10〜16g/樹)・追肥時期(展葉期〜収穫前)の比較では、収量、品質に差は見られなかった。
、 品種「ピオーネ」の適正着果量は、果実品質、裂果程度、収量からみて、20果/樹であると考えられた。
、 供試6品種の内、旧盆前出荷が可能な品種は「サニールージュ」、「安芸クイーン」であり、出荷時期が8月下旬となるが品質、収量性が優れていたのは、「ピオーネ」であった。
研究分担園芸研究所
、果樹研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179852
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat