さけます増殖に関する調査研究

さけます増殖に関する調査研究

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H4〜
年度2011
概要目的:効率的なサケの人工放流事業を展開するため、回帰親魚の資源状況の解析と来遊予測を検討するとともに、健康な放流稚魚の生産技術指導を行う。 得られた成果:・平成23年度の本県のサケ親魚回帰数は40,935尾(河川:31,415尾、海面:9,520尾)であった。
、・平成23年度のサケ回帰親魚の年齢組成は、2年魚2.9%、3年魚21.5%、4年魚54.9%、5年魚16.7%、6年魚4.0%であり、過去10年間の平均年齢組成とほぼ同じであった。
、・本県における平成23年度のサケ稚魚放流数は18,406千尾であった。
、・県内7ふ化場について、延べ21回の巡回を行った。来遊親魚尾数が少なかったため、卵確保に苦労したふ化場が多かったが、飼育期間中の大量斃死は見られなかった。
、・サケ親魚の来遊不良の原因について、富山湾海水温およびChl.a濃度との関係を調べたが、相関は認められなかった。
研究分担内水面課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179937
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat