育種栽培研究作物栽培グループ 、 、1 大規模経営を発展させる土地利用型作物の栽培 、技術の確立 、1) 疎植栽培による超低コスト技術の開発 、 、

育種栽培研究作物栽培グループ 、 、1 大規模経営を発展させる土地利用型作物の栽培 、技術の確立 、1) 疎植栽培による超低コスト技術の開発 、 、

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要目的:水稲の疎植栽培は育苗箱数の削減による低コスト化、育苗管理や運搬の軽労化に有効である。しかし、疎植水稲の生育パターンは慣行とは異なることから、生育量や登熟条件によって収量や品質の低下が懸念される。そこで、移植時期毎に最適な栽植密度を検討するとともに、疎植栽培における移植晩限を明らかにする。
、成果:それぞれの移植期において、各試験区は60株/坪植えと同等の収量及び品質が得られていることから、疎植栽培の適用は可能と考えられる。だたし、過去の試験からも37株/坪植えは収量の変動が大きく、栽培条件や登熟条件によっては減収が懸念されるため、導入にあたっては慎重に検討する必要がある。なお、6月10日移植ではいずれの栽植密度においても収量水準が大きく低下することに留意する必要がある。
研究分担作物栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030179950
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat