(3) 被袋処理等が果肉障害発生に及 、ぼす影響

(3) 被袋処理等が果肉障害発生に及 、ぼす影響

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要目的:日本ナシ‘あきづき’は、9月中旬から10月上旬に収穫できる良食味の中晩生品種であるが、近年、果肉組織の一部が褐変する果肉障害の発生が認められている。果肉障害の発生の要因を探るため、被袋処理と環状剥皮が果肉障害の発生に及ぼす影響について検討を行う。
、成果:環状剥皮処理・被袋処理により水浸状果肉障害・コルク状果肉障害の発生が多くなることが明らかとなった。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180000
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat