2)障害果発生軽減技術の確立 、  (1) 日焼け果の発生状況の把握と軽減 、対策 、 (1) 日焼け果の発生軽減対策 、

2)障害果発生軽減技術の確立 、  (1) 日焼け果の発生状況の把握と軽減 、対策 、 (1) 日焼け果の発生軽減対策 、

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:リンゴ‘秋星’は収穫期が10月上中旬であり、葉摘み時期が気温の比較的高い時期となるため日焼け果の発生が問題となっている。そこで、日焼け果が少なく、葉陰や枝陰のない果実を生産するため、葉摘み時期が日焼け果と着色に及ぼす影響を検討する。
、【方法】葉摘み時期(収穫予定前週数)を(1)3週間前区、(2)2週間前区、(3)1週間前区、(4)無処理区に設定し、葉陰・枝陰程度と日焼け程度について調査した。
、成果:本年は全体的に日焼け果の発生が少なかったため、葉摘み時期と日焼け果の関係は判然としなかった。収穫開始予定の3週間前までに葉摘みすることで、葉陰や枝陰が少ない果実が生産できた。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180010
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat