(3) ダイズの増収に効果的な有機質 、資材等の探索(現地試験)

(3) ダイズの増収に効果的な有機質 、資材等の探索(現地試験)

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜
年度2011
概要目的:ダイズの収量低下の要因として土壌の可給態窒素の低下などが指摘されており、有機物の施用による可給態窒素の維持効果や増収効果が認められている。そこで、増収に特に効果的な有機物を探索するとともに、有機物の施用が土壌肥沃度へ及ぼす効果を検討する。
、成果:有機質資材からの窒素無機化量は菌体肥料区が最も多く、次いで、ヘアリーベッチ、加工家きんふん、牛ふん堆肥、腐植酸区の順に多かった。菌体肥料、ヘアリーベッチ、加工家きんふん区は、開花期の相対ウレイド値が低い傾向にあった。これは、これら有機質資材からの窒素無機化量が多く、根粒菌の肥大が抑制されたためと考えられる。一方、最大繁茂期における相対ウレイド値は窒素無機化量が多いほど高い傾向であった。生育期間を通して、無施用区よりも有機質資材を施用した区で草丈が長く、養分吸収量も牛ふん堆肥施用区を除き無施用区よりも高い傾向がみられた。収量は資材由来の窒素無機化量が多いほど高くなる傾向がみられ、粒数の増加によるものと推察された。作付後土壌の可給態窒素は有機質資材由来のN無機化量が多い区で高くなる傾向がみられた。以上の結果から、有機質資材由来のN無機化量が多いと増収する傾向がみられたため、窒素無機化率の高い資材の効果が高いと考えられる。
研究分担生物資源G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180061
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat