(2) フキノトウのコンテナ栽培法の 、確立

(2) フキノトウのコンテナ栽培法の 、確立

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要目的:積雪期間にフキノウトウを安定して出荷するため、無加温ハウスでのコンテナ栽培を能登分場で育成した新系統を用いて検討する。本年度は、花芽分化期前後の追肥および積雪前に戸外からビニルハウス内への搬入(収穫開始)時期が収穫期、収穫個数への影響を検討する。あわせて、培養土や管理が省力的になる育苗箱の直置き栽培を検討する。
、成果:追肥により収穫盛期を需要期である1月上旬以降にすることはできなかった。しかし、夏期の追肥で増収となり、チッソ成分で株当たり2g程度が妥当と考えられた。ハウスへの搬入時期については、時期による収穫個数への明らかな影響は見られなかったが、11月下旬搬入で開花率が高い傾向であったため、積雪直前の12月中下旬が適すると考えられた。また、育苗箱直置き栽培は、株当たり収穫個数は少ないものの、単位面積当たりでは慣行のコンテナ栽培(トロ箱)と同等であった。
研究分担能登分場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180099
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat