・【現地試験結果】ひび割 、れ症状発生に及ぼす影響

・【現地試験結果】ひび割 、れ症状発生に及ぼす影響

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要目的:‘ルビーロマン’の種なし栽培で問題となっている果皮ひび割れ症状の抑制が期待できる植調剤の効果について、裂果発生に及ぼす影響と併せて検討する。本試験では、果粒肥大促進を目的として満開10〜15日後に実施する植調剤処理について、フルメット液剤処理を県内産地において実施し、ひび割れ症状の発生に及ぼす影響について検討する。
、成果:果粒肥大促進を目的とした満開10〜15日後の植調剤処理時におけるフルメット液剤使用によるひび割れ症状の発生軽減効果は、地区によって効果にバラツキがあること、また発生率に大きな地区間差があることから判然としなかった。しかし、フルメット液剤使用による軽減効果が認められた地区もあったことから、今後も引き続き検討する必要がある。
研究分担砂丘地農業試験場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180129
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat