農林水産分野における地球温暖化対策調査

農林水産分野における地球温暖化対策調査

県名石川県
研究機関名石川県畜産総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間
、H21〜25
年度2011
概要目的:背景として、京都議定書に基づく温室効果ガスの削減目標ににより、畜産においてはメタンと亜酸化窒素の削減が求められている。しかしながら、家畜排せつ物の管理に伴う温室効果ガスの定量的手法が確立されておらず、国内の排出量は国外の類似手法のデータから換算している。そこで、日本の気候条件、家畜排せつ物の管理条件等を踏まえた温室効果ガス排出量算定方法を検討する。また、県内畜産農家の悪臭防止対策にも資する。 
、計画:(1)乳牛ふん・豚ぷんの強制通気堆肥化処理の温室効果ガス、悪臭成分の定量測定(2)鶏ふん及び乳牛ふん乾燥処理の温室効果ガス、悪臭成分の定量測定
、期待される効果:(1)県内の家畜ふん尿処理施設の実態把握 (2)ふん尿処理方法の改善や悪臭防止対策の指導に活用
、成果の受け渡し先:畜産農家
研究分担技術開発部
予算区分受託
、(独立行政法人
、農業・食品産業技術総合研究機構)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180161
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat