飼料米(籾米)活用による若狭牛づくり

飼料米(籾米)活用による若狭牛づくり

県名福井県
研究機関名福井県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要目的:若狭牛のさらなるコストの低減のため「籾米」を用いた肥育試験を行い、「籾米」を用いる肥育技術を確立することにより生産コストの低減を図り肉牛肥育農家の経営安定に資する。飼料摂取量、発育、血液性状(血中ビタミンA濃度等)、粗飼料価指数(RVI)、肉質(理化学検査等)、脂肪酸組成、食味検査(官能評価)、経済性について調査する。
研究分担肉牛バイテク研究G
予算区分県単
業績(1)濃厚飼料の6割を玄米給与した若狭牛の増体および肉質への影響(II報)
(2)肥育中後期に濃厚飼料の6割を玄米で代替
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180231
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat