次世代高カロリー木質ペレット燃料「ハイパー木質ペレット」の製造・利用技術の開発

次世代高カロリー木質ペレット燃料「ハイパー木質ペレット」の製造・利用技術の開発

県名福井県
研究機関名福井県総合グリーンセンター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜 23
年度2011
概要目的:地球温暖化対策として、再生可能な有機資源である木質バイオマスの有効利用に木質ペレット加工があるが、容積当たり発熱量が化石燃料の半分程度等の欠点がある。そこで、熱処理改質により高カロリー・高ハンドリング性を有する次世代木質ペレット「ハイパー木質ペレット」の製造・利用技術を開発する。 成果:熱処理技術によって性能向上したハイパー木質ペレットを燃料として燃焼試験を行い、その燃焼特性を明らかにした。吸湿性、耐水性に優れており、燃焼機器の熱効率や暖房出力に改善が認められた。全機能引き出しのため、専用の燃焼機器の設計が必要と考える。
研究分担木材開発G
予算区分指定
業績(1)次世代高カロリー木質ペレット燃料「ハイパー木質ペレット」の製造・利用技術の開発(II)
(2)「Fundamental study on production of “Hyper wood pellet” ? (2) Effect of torrefaction condition of Japanese wood chips on grinding and pelletizing properties」
(3)「Fundamental study on production of “Hyper wood pellet” ? (3) Upgraded pellet making by torrefaction of Japanese wood pellets -」
(4)「木質燃焼灰の溶出試験における主要養分元素の溶出特性」
(5)「高カロリー木質ペレット「ハイパー木質ペレット」製造の基礎研究−(3)種々加熱方式がペレット特性に及ぼす影響」
(6)「高カロリー木質ペレット『ハイパー木質ペレット』製造の基礎研究−(4) 連続式大量熱処理へ向けた検討」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180270
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat