ブドウ及び核果類等の病害虫薬剤防除法の改善 、1,農薬の効力検定及び残留分析試料の調製 、 

ブドウ及び核果類等の病害虫薬剤防除法の改善 、1,農薬の効力検定及び残留分析試料の調製 、 

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(S54)〜
、継(S54)〜
年度2011
概要(1)農薬の効果査定
、1)殺菌剤
、 ブドウべと病に対し、DKF1001-OD 5000倍は、対照のジマンダイセン水和剤 1000倍と比べ、ほぼ同等〜やや高い防除効果が認められた。園芸ボルドー 800倍散布は、対照薬剤のジマンダイセン水和剤 1000倍と比べ、ほぼ同等の高い防除効果が認められた。
、ブドウの果粉溶脱と果実汚染について、ベトファイター顆粒水和剤 2000倍散布は、巨峰における大豆大期までの散布では、実用上問題となる果粉溶脱および果粒汚染は認められなかったが、大豆大期以降の散布では、実用上問題となる果粉溶脱および果粒汚染が認められた。甲斐路においては、大豆大期の散布で一部実用上問題となる果粒の汚染が認められた。果粉溶脱はわずかにみられたが、実用上は問題なかった。大豆大期の散布では、実用上問題となる果粉溶脱および果粒汚染が認められた。
、 モモうどんこ病に対し、ハチハチフロアブル 1000倍、およびサルバトーレME 3000倍は対照のトリフミン水和剤 2000倍と比べ、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、 スモモ灰星病に対し、ドーシャスフロアブル 1000倍は、対照のロブラール水和剤 1500倍と比べ、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、スモモふくろみ病に対し、キンセット水和剤80 1000倍は、対照のチオノックフロアブル 500倍と比べ、同等の防除効果が認められた。
、2)殺虫剤
、 モモのアブラムシ類(カワリコブアブラムシ)に対し、DAI-1001 10%フロアブル 4000倍は、対照のモスピラン水溶剤 2000倍と比べ、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、 モモのカイガラムシ類(ウメシロカイガラムシ)に対し、トモノールS 50倍は、対照のスプレーオイル 50倍と比べ、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、 モモのモモハモグリガに対し、IKI−3106液剤50 2000倍は、対照のバリアード顆粒水和剤 4000倍と比べ、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、 モモのシンクイムシ類(モモシンクイガ、モモノゴマダラノメイガ)に対し、IKI−3106液剤50 2000倍は、対照のダーズバンDF3000倍と比べ、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、スモモのシンクイムシ類(スモモヒメシンクイ)に対し、XI-0801SE 2500倍、およびイカズチWDG 1500倍は、対照のスカウトフロアブル 2000倍と比べ、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、 オウトウのアザミウマ類に対し、ディアナWDG 5000倍は、対照のコテツフロアブル 2000倍と比べ、ほぼ同等の防除
、効果が認められた。
、 モモのハダニ類(カンザワハダニ)に対し、NNI-0711フロアブル 2000倍は、対照のオサダン水和剤25 1000倍と比べ、
、ほぼ同等の防除効果が認められた。
、 モモの縮葉病に対する休眠期防除の試験では、H22年に多発し菌密度が高い条件下での試験であった。無散布は90
、%以上の発病新梢率であった。チオノック→人工雨→チオノック区ではほとんど発生が見られなかった。ゆうぞらでは、
、薬剤を十分量散布した区では発病は少なかったが、散布量が少ない区では発生が多かった。
、(2)輸出向けモモ果実におけるモモシンクイガ対策
、1)除袋後散布薬剤の残効に対する降雨の影響
、スピノエースFの果皮の成分は、散布翌日は4.5〜5.2ppmであった。人工降雨無しでは散布7日後に2.8ppm(58%)、
、14日後には0.9ppm(19%)と減衰した。降雨1回処理区では、散布7日後に0.5ppmと大きく減少した。アーデント水和
、剤、スカウトFでは、7日後の濃度は散布翌日に比べて半分以下となったが、降雨処理と無処理との間で大きな差は
、みられず、7日後以降の減衰は緩やかであった。
、2)X線による被害果の検出
、検査に用いた87果において、モモシンクイガの被害は26果で、23果が検出できた。検出できた被害部は、2〜3mm
、から10数㎜のものがあり、検出率は88.5%であった。検出できなかった3果の内、1果は5〜6mmの被害痕、その他
、は2〜3mmの被害痕であった。ヤガの被害については、検出率は91.9%であった。2mm前後の小さな被害は検出で
、きなかった。モモシンクイガと検出率は同程度であるが、果肉内の異常に比べて果皮下の異常は、被害部が小さくて
、も検出精度は高いと思われた。全体では、非健全果64果に対して89.1%の検出率となった。

研究分担病害虫科
予算区分受託(民間)・都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180335
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat