花持ち保証に対応した切り花品質管理技術の開発

花持ち保証に対応した切り花品質管理技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22-24
年度2011
概要目的:花持ち保証販売により消費拡大が期待されているが、夏季の高温に特化した品質管理技術は開発されていない。そこで、主要切り花の品質管理技術を開発し、マニュアルを作成する。
、成果:スタンダードカーネーションにSTS処理を行った場合、23℃条件での花持ち日数は品種により20〜25日であり、無処理と比較して約2.3倍となった。
研究分担花き部
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180482
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat