豚に関する素材開発研究 、

豚に関する素材開発研究 、

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2011
概要(1)豚の繁殖性向上技術
、目的:授乳期間中の栄養状態等の要因により発情徴候が遅れたり現れない場合がある。そこで、授乳期間中の母豚の体重減少率、繁殖成績のデータを基に離乳後の発情回帰に影響を与える要因を調査し、その改善による繁殖効率向上を目指す。
、成果:離乳後初回種付までのフラッシングを4頭実施したところ初回種付時体重は対照区比べ体重の増加が確認されたが、自然発情頭数3頭の回帰日数平均は7.0日に対し対照区7頭平均は5.1日であった。例数が少ないのでデータを集積し検討する。
、WL種雌豚の育成(n=10)は30kg到達日齢がLW(n=8)と比べ3日ほど早かった以外は同様な成績であった。WL(n=8)の繁殖成績はLW(n=9)と同様な成績であった。WLDの授乳期発育、肥育発育および枝肉成績はLWDと同様な成績であった。
、(2)豚の改良増殖試験
、 1)豚群改良による優良子豚の生産および飼養実証
、目的:調査子豚の計画生産および優良種畜の生産実証を行う。
、成果:各試験のための交雑試験豚と純粋種豚を生産し、繁殖成績、育成成績を調査した。平成21年度導入したバークシャー雌豚の繁殖成績は、初産は産子数5頭と少なかったが、2産では11頭と良好であった。また、その産子(雄)の産肉能力は育成豚2頭の平均で、一日平均増体重765g、ロース断面積24.4cm2、背脂肪の厚さ2.4cmで、大型品種には劣るが、中型品種の平均的な成績であった。導入雌豚は県内で飼養されるバークシャーとは血縁が異なるため種畜利用が期待できる。平成23年度は大ヨークシャー種系統豚雄豚を導入した。
、 2)高品質豚肉生産における生産効率の向上
、目的:肉質良好な品種または繁殖成績の良好な品種の交雑利用により効率のよい高品質豚肉生産技術を検討する。
、成果:Y純粋種及びLWY交雑種の脂肪酸組成はLWDと比較して、リノール酸およびリノレン酸が少なく、オレイン酸が多い傾向が認められたが、官能評価結果には影響を及ぼさなかった。
、Y種精液をL雌豚に授精して生産したLY雌豚の4産までの繁殖成績は、LW雌豚と比較して産子数が少ない傾向があったが、授乳期の子豚の発育は良好であった。
、 3)豚凍結精液生産技術の改善
、目的:精液の希釈液の改良並びに凍結方法の改善による凍結精液生産技術を検討する。
、成果:精液配布本数の減少のため、カフェイン添加保存精液を用いた現地授精試験は実施できなかった。
、(3)環境に配慮した豚の肥育技術
、目的:遊休農地が竹藪化しており、竹の有効利用技術が求められている。竹粉を飼料利用することによる、整腸作用や免疫能向上効果について検証や評価を行い、竹の有効活用を推進する。
、成果:竹粉のサイレージ調製方法を検討した結果、粉砕後2時間以内に真空包装することにより乳酸含量0.4%前後、pH4.4〜4.6のサイレージとなった。肥育豚への竹粉給与は、2%添加で飼料要求率が高くなる傾向がみられたが、枝肉、血液性状、腸内細菌叢への影響はみられなかった(現地支援研究)。
研究分担養豚養鶏部
予算区分都道府県単
業績(1)豚ふん中の銅・亜鉛濃度低減化に関する一考察
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180520
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat