機能性飼料としての利用が期待できるアントシアニンとうもろこし系統の開発

機能性飼料としての利用が期待できるアントシアニンとうもろこし系統の開発

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2011
概要目的:機能性飼料としての利用が期待できるアントシアニンとうもろこし系統を育成する。
、成果:アントシアニン色素高含有自殖系統「JC-072A」は色素含量が比較系統の33倍、抗酸化能が4.4倍であった。
、「JC-072A」を花粉親とするF1「AX-079」は、乾物総重は比較品種の85%であったが、アントシアニン含量が25倍、抗酸化能が3.5倍であり、サイレージ調製後の抗酸化能は約2倍で発酵品質は良好であった。
研究分担飼料環境部
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)機能性飼料としての利用が期待できるアントシアニン高含有トウモロコシ系統の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180525
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat