新型コンバインベーラを利用した飼料作物の収穫・調製技術の開発

新型コンバインベーラを利用した飼料作物の収穫・調製技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23
年度2011
概要目的:新型収穫機(YWH1500)を飼料作物の収穫・調製に利用した場合の作業機性能およびロールベールサイレージの発酵品質を調査し、収穫機の周年利用による稼働率向上を図る。
、成果:改良コンバインベーラ(YMH1500)はライムギおよびスーダン型ソルガムの収穫、調製への転用利用が可能であった。本収穫機を利用した体系では、ダイレクト区は、作業時間、燃料消費量が対照区と同程度であったが、予乾区は作業時間が長く、燃料消費量が多かった。収穫ロスはダイレクト区、予乾区とも対照区と比較して少なかった。調製したサイレージの発酵品質は良好で、高水分原料をダイレクト調製しても良質なサイレージができることが明らかとなった。
研究分担飼料環境部
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180528
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat