針葉樹人工林の健全化のための森林管理技術の確立

針葉樹人工林の健全化のための森林管理技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間継H21−25
年度2011
概要列状間伐が推進されているが、列状間伐実施後の2回目間伐を点状で行う場合の選木方法や、残存木の損傷を軽減し生産性も高い搬出方法など不明な点がある。
、また、複層林についても、今後の管理方法と上層木間伐にともなう下木損傷を軽減する作業方法を検討する必要がある。さらに、高齢級(60年生以上)での間伐の効果については未解明な点(間伐後の成長等)が多く、効果的な間伐を実施するための選木、間伐手法についても検討が必要である。そこで、これらの課題解決のため、それぞれの間伐手法を確立する。
研究分担育林部
予算区分都道府県単
業績(1)複層林の上木皆伐にともなう下木の損傷−ロングリーチハーベスタを利用した場合−
(2)高齢林における間伐効果について
(3)複層林の上木伐採にともなう 下木損傷軽減法の検討−高密度路網開設による損傷軽減効果−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180562
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat