県産材の高品質乾燥技術の開発−スギ桁材の蒸気・圧力複合乾燥−

県産材の高品質乾燥技術の開発−スギ桁材の蒸気・圧力複合乾燥−

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間継H21-25
年度2011
概要蒸気式乾燥機を用いた高温セット法が定着する中で,県産材利用の住宅が普及し、県産材の県内需要が拡がりつつある。しかし,その一方で,「材面割れや内部割れの発生」「過度の高温乾燥による強度劣化」「乾燥不足による施工後の歪み、表面割れ」等の問題も少なくなく,さらに県産材の利用拡大を図るためには,現在以上の乾燥材の品質向上と環境への負荷の少ない乾燥方法が求められる。
、本研究においては,県産針葉樹材を対象とし,材面割れや内部割れの少ない,また,寸法安定性の高い高品質な乾燥材生産のための乾燥技術を確立する。
研究分担木材部
予算区分国庫補助
業績(1)針葉樹桁材の蒸気式高温乾燥-スギ・ヒノキ・カラマツ・アカマツ桁材の乾燥特性-
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180581
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat