スギ・ヒノキ中・大径材によるCO2長期固定型住宅部材への活用技術の検討

スギ・ヒノキ中・大径材によるCO2長期固定型住宅部材への活用技術の検討

県名岐阜県
研究機関名静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要【目的】中大径木からの乾燥材生産を効率的に行うための方法と、内部割等による強度低下の少ない乾燥スケジュールを確立する。
、【成果】県内産スギ・ヒノキ中大径材の、原木・平角製材の強度特性及び原木グレーディングの有効性を解明した。県産の構造用合板・LVL製品の特徴を解明した。
研究分担木材林産科
予算区分県単
業績(1)蒸煮を省略した乾燥スケジュールによるスギ材の乾燥試験
(2)針葉樹桁材の蒸気式高温乾燥-スギ・ヒノキ・カラマツ・アカマツの乾燥特性-
(3)断面寸法120×180mmのスギ心去り平角材乾燥工程の開発
(4)静岡県産スギ・ヒノキ中・大径原木より採材した平角製材梁の曲げ性能
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180759
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat